logo

head_inq

『『家は買うものではなく建てるもの。お客様と職人とが一緒に造りあげるもの。』

これは私の祖父でもある先代棟梁の口癖でした。

父に抱かれこの頃から3代目の運命が始まっていたのかも?

家づくりに携わる職人さんが総出で行っている上棟式の現場には数えきれないくらい連れていかれましたし、木の香りがする作業場で柱や梁を加工する祖父や父の姿を目の前で見て私は育ちました。

みんなが笑顔で楽しかった上棟式こんな格好はいつもされられていました

子供の頃の私にとって上棟式はお祭りだと思っていました。
当時は屋根から紅白餅やお金を撒いてご近所総出でお祝いしました。

子供の頃いつも見ていた風景

上棟式での男らしく勇ましい姿は、私の憧れでした。
何よりお施主様が笑顔でそのお施主さまから感謝されている先代や父の姿は本当にかっこよかったのです。

職人さんと一緒に上棟式にも出させていただきました

憧れだった建築の道に進んだ私は専門学校を卒業しゼネコン会社に就職をしました。そこで、ビルやマンションの現場監督を経験しました。

『何か違う??』

コンクリートの無機質な建物と誰が住むかもわからないテナントビルやマンションを会社から渡された図面通り造るだけの毎日に楽しさなど感じませんでした。
『祖父や父が建てていた木の香りがする家を、お客様の顔が見える形で自ら建ててみたい』と思ったのはこの頃でした。

私は父にお願いする形で、父の元で大工として働き始めたのです。
家づくりで『大工』がする仕事は本当に多岐にわたります。
家づくりのすべてをわかっていないと出来ない仕事だと痛感しました。
棟梁が棟梁と呼ばれる所以を父が仕事をする背中を見て理解出来ました。

時代の変化

私が父の元へもどる数十年も前から、ハウスメーカーや不動産屋さんが家を建てるという時代が地元でも始まっていました。
この頃でしょうか?
子供がお父さんに『パパ! 友達の○○君も家を買ったから僕の家も買ってよ』と言いはじめたのは・・・。
(昭和の時代の子供はお父さん家を建てて!と言っていました)

はっきり言います。『家は買うものではありません。』『家は工業製品ではありません。』『人が手作業で建てるものです。』
ハウスメーカーの中には『わが社の家(商品)はほとんど工場で作ってしまいますので、品質は間違いございません』と言う会社もあるそうですが、実際にお客様の土地でそれを組み上げるのは『人』ではないですか?
家づくりで一番重要なのは『どんな家を建てるかではなく、誰が建てるのか』が肝心なのです。
誰に頼むかで家づくりやリフォームが成功するか否かはすでに決まっているのです。
家づくりやリフォームの工程で大工作業の占める割合は8割近くを占めると私は考えます。
どんなに優秀な営業マンでもどんなに立派な不動産屋やハウスメーカーの経営者でも現場に出向き実際に現場作業で汗かく人をあまり見かけたことがありません。その方を信用して依頼したのに・・・。
現場では実際に作業する職人の腕にすべて任されているのにもかかわらず。
つまり、その家の良し悪しはすべて職人の腕しだいということなります。
特にリフォームでは尚更のこと。家の構造や家づくりのイロハがわかっていないと出来ない仕事なのです。
せっかく居心地の良い空間を作ろうと前向きに行った夢のリフォームが欠陥リフォームになっては本末転倒です。

間違った請負システム

欠陥住宅の訴訟では、責任の所在が裁判の争点になっています。
欠陥の原因(お客様の不満の原因)を作ったのは誰かということです。
もちん、請け負った会社ということになるのですが、メーカーの営業マンとの打ち合わせで決定したものなのに実際には全く違うものが取り付けられていたとか、経営者との口約束ではこの工事はサービスだったはずなのに不当な請求書が送られてきたなどという話は、悲しいかなよく耳にします。

何故このような話がなくならないのでしょうか?

建築業界が生んだ請負システムに問題があると私は考えます。
大手のハウスメーカーや不動産ビルダーでは、当たり前に行われていることなのですが、用は元請・孫請け・ひ孫請けのような下請システムです。

営業マンを抱え仕事を取った会社(ここからは営業会社と言わせていただきます)が、地元工務店に発注し、そこから手間請け専門の職人に仕事を流す。
営業会社の下に数社のビルダーや工務店が入る事もあるというカラクリをお客様である建て主へ伝えていないのが事実です。

建築請負において丸投げ工事は禁止されていますので、あからさまにこのような行為はないと思いますが、いまだにグレーゾーンです。また坪単価表示で契約を交わすようなことは最近なくなりましたが、わかりやすく言えば『坪60万円で仕事を請けた営業会社が孫請けに坪50万円で発注しひ孫請けには45万円で家を建てさせる』という構図です。
当然、この営業会社には展示場を持っていたり営業マンを雇っていたりしますので経費がかかることはよくわかります。しかし、実際に建てるお客様の家にこの経費を乗っけて販売しなければならないのです。

とても悲しい事実ですが、お客様は坪単価60万円を出して本質的には坪45万円の家に住んでいるということになります。

こんなカラクリをしゃべってしまっている私の会社にも営業会社やいわゆる仲介専門業者が下請けで仕事をしてくれないかと問い合わせをしてきます。

当然私の返事は即答で『NO!』
自分で請け負った家は自分で建ててみろ!です。
坪45万円で建てられた家に坪60万円を出して住むお客様が笑顔になるはずがありません。

家づくり・リフォームは職人同士のチームワーク

家づくりやリフォーム工事は各職人が与えられた工事を自分の責任において丁寧かつ正確に次の職人へバトンを渡す作業の繰り返しです。
一人のミスも許されません。
また、ミスがあればそれは最高責任者の責任となります。
弊社では棟梁である私です。
ですから、私と仕事をする職人達は私の信頼できる職人以外使いません。
私が業者選定をする際に常に心がけていることは、会社へ発注するのではなく『人』に依頼するということです。

協力業者の中には、たくさん職人を抱えている業者もありますが、私はいつも指名します。出来れば一人親方が一番信用に値します。何故って責任の所在がはっきりしているからです。
誰が造った基礎なのか、誰が塗った壁なのか、だれが取り付けた建具なのかすべてが明確です。

職人一人一人が誇りをもって一つの完成品を造るのです。
そこには、仕事の結果がすべて残り、そこに住む人がいる限り後世に残るのです。
少数精鋭の腕の良い職人達がいれば営業マンはもちろんのこと材料の手配と一日1回顔を出すだけの現場監督すら不要だと私は考えます。
(棟梁は指揮官ですので、その現場監督の役もこなす棟梁が現場にいることが条件ですが。)

食品だって農家や漁師さんから直接買う人が増えています

普段日常的に口にする食品選びも、慎重な方が増えています。
すべてを直接仕入れることは不可能ですが、我が家もなるべく誰が作ったかわかるものを口にしたいと思い、大手のスーパーでの買い物は極力しません。
お米は知り合いの農家から直接買いますし、魚は近所の魚屋さんです。市場でその日に朝水揚げされたものを選んで買っています。
野菜に至っては、私の父の趣味でもある家庭菜園で採れる新鮮な野菜を子供にも食べさせています。
顔と顔を合わせる対面販売こそが一番信用がおけるからです。
究極は自給自足ということになってしまいますが、それが不可能なら、可能な限り直接生産している生産者からものを買うべきです。

本物を知っているプロは本物しか使わない・勧めない

あるハウスメーカーの仕事をしている大工さんに会ったときこんな質問をしたことがありました。
『自分が自宅を建てるとしたら当然今仕事をしているこのメーカーで家を建てますよね?』

答えは『NO!』
私は『・・・。』
すべての雇われ大工さんがそうだとは思いませんが・・・。
自分が住みたいと思う家を建てているわけではないのです。

この事実がどんな意味をもつのか? ここで私の結論を出すことは避けたいと思います。これ以上はあなたのご想像にお任せいたします。
そうなると家づくりのプロである大工さんの住んでいる家ってどんな家だか気になりませんか?
木の家が大好きな大工さんであれば、当然、本物の自然素材にこだわります。
また、木の種類も適材適所に使い分けます。
10年経たないうちに修理が必要になったり、修理すらできないで新しく交換しなければならないような材料は使用しません。

『百聞は一見にしかず』
私の家を見に来てください。私は自宅を公開しています。
大工が実際に自分で建てた家、実際に住んでいる我が家をすべてお見せしています。
その名もズバリ『大工の家』

そんな家づくりのプロである私も『この部分は生活する上でもう少しこうすれば良かった』という後悔した箇所も正直あります。自宅を建ててみてわかった発見がたくさんあったのです。
お客様には一生で一回かもしれない家を建てるという大事業で後悔はしてもらいたくないのです。
やって良かったことはお勧めしたい。やってみて悪かったことは、包み隠さずお話ししたいのです。

家づくりは、家を建てて終わりではない一生のお付き合いになる家主と作り手のお見合いだと思います。

お互いの相性が合わなければ絶対家づくり・リフォームの成功はありません。

『私の家づくりに共感していただける方と本物の家づくり・リフォームをお客様と一緒に造りたい。』
それが私のたどり着いた答えです。

家づくりやリフォームであなたとあなたの大切な家族を幸せにする準備と覚悟が私にはあります。

有限会社武井建築 代表取締役 武井勝施

武井建築

snavi_blog

有限会社 武井建築

〒258-0019
神奈川県足柄上郡大井町金子656
TEL.0465-82-8877
FAX.0465-82-1245
E-Mail:info@takei-kenchiku.com

sub_inq